【訃報】Hella Sketchyが他界(和訳あり)

以下の記事によると、ラッパーのHella Sketchyが亡くなったと彼の父親がTwitterで明かしました。

以下、記事の冒頭訳になります。

—–

Hella Sketchy(ヘラ・スケッチー)はSoundcloudラッパーとして活動していたが、2019年6月27日薬物の過剰摂取で18歳という年齢で他界した。

父でありフィルムプロデューサーのErik Thuresonは「あなたは父や祖父より先に死ぬなんて想定できないでしょう。それは起こるはずのないことだった。私達は言葉も出なかった。このJacob Tyler Thureson(Hella Sketchyの本名)の死を伝えることはあまりにも悲しすぎた」と悲痛な言葉を、#ripsketchy #ripjacob #riplittlebuddyというハッシュタグを添えてツイートした。

GoFundMeのファンディングプロジェクトはスケッチーの家族によって、彼の健康管理と葬式の代金を賄うために作られた。そしてこの記事の執筆時点では、その額は8000ドルを超える額が集まっている。

そのページの説明の一部には、”スケッチーの両親は医療保険の自己負担額の支払いや追悼サービス、非常に重要なドキュメンタリーを作るお金を支払う責任が追う。そのドキュメンタリーは我々の国を苦しめるオピオイドペプチド症候群の多発に関する気づきを与え、若者における精神疾患や鬱の影響について正直に語ったものとなるだろう”と綴られている。

—–

このように死因は薬物のオーバードーズ。2018年にはSoundCloudのベストラッパーBEST10に入るほどの才能が、また薬によって失われました。

ユース世代のラッパーには、もうこれ以上繰り返さないでほしいです。

心よりご冥福をお祈りします。